profile

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

雪が降る町

0
    1月6日 山崎は雨。結構寒さなし。


    遅ればせながら、

    あけましておめでとうございます。


    こういうのって、今年はこうしたい!っというような、

    力強い抱負っといきたいとこですが、

    今年はアグレッシブにというより、しっかり色んな事を、

    確実に、ゆっくり踏みしめて、日々歩いていこうと思ってます。

    出来るだけ前だけ見ないで、右も、左も、後ろも、全部見て、

    そこから消化して、仕事、音楽、遊び、楽しみたいなっと。


    意外と視野狭い人、周りに多いんで・・・・。


    ちょいと年末は・・・・・


    東京NO1SOULSETのワンマンライブで、

    何故か判んないけど、泣いてしまったり・・・・・。




    久々のホットヒップトランポリンスクールのライブに、

    あらためてブラスバンドの「熱さ」を知ったり・・・・。



    カウントダウンのライブは、久々に力抜けた演奏出来たり。



    凄く「インプット」させてもらった年末でした。






    お正月の山崎は、僕がここに住んで初めての大雪。

    その分、家族でまったりまったりと。

    長男が買ってきた、「モテキ」1〜4巻一気読みしたり、

    雪眺めながら、ユニコーンの曲を何故か歌いながら、

    日本酒呑んでました。


    前半部分に、今年はゆっくり進みたいっと書きましたが、

    pug27のほうは、何故かありがたいことに「春」にライブが、

    ドドドンっと決まって来てます。しかもかなりオモロイやつ。

    この「波」は、しっかり乗らせていただきます。


    ここ近々の告知を。


    まずは10日は、十日市&発見市の初売りです。

    enseの野菜は、十日市の場所と、発見市の中間点で、

    冬野菜を販売致します。品は多くないですが、今年の冬野菜は、

    寒さもあって、瑞々しくウマイです。JR山崎駅前。

    土曜なんで、大阪方面の方もぜひ。


    そして1月18日。

    昨年も行った「ODEN&THE YAKETY YAKS#2」



    以下、grafのHPより・・・・。

    ヨルグラフヨル#5「おでんとTHE YAKETY YAKS Vo2」

    とある夜に不定期でお届けする企画「ヨルグラフヨル」は、音楽、食、アート、デザイン、カルチャーなど、毎回おすすめのトピックを肴に料理とお酒がたのしめる、grafが営業時間終了後にお送りするサロンスタイルのバー営業です。偶然や発見、出会いが織り成すさまざまな情報交換や発信を、この場をつかって試みていきます。
    第5回目の「ヨルグラフヨル」は音楽と野菜をこよなく愛する“pug27”コイズミ氏(a.k.a ense)とのコラボ企画!昨年も好評だった「おでんとTHE YAKETY YAKS 」が今年もやってきます。熱々のおでんとスカバンド“THE YAKETY YAKS”の音楽をみなさまにお送りします。“ense”の野菜や旬な素材をたっぷり使い、昨年よりバージョンアップしたgraf kitchen特製のおでんを片手に、“THE YAKETY YAKS”による心躍るミュージックに思う存分酔いしれる小粋(?)な夜。寒さが一層厳しくなったこの時期にぴったりな、あなたの冷えたカラダを熱くする一夜をお見逃し無く!

    日程 / 2015年1月18日(日)
    会場 / graf studio 1F
    時間 / 19:00 - 22:00(L.O 21:30) ※ライブ開始予定 20:00
    ※当日ショップは会場準備のため、17:00にクローズいたします。
    Live / THE YAKETY YAKS
    DJ/ TUCCHIE(SMALL AXE RECORDS)  カバタミホ
    チャージ(1drink / 1おでん付) / 予約 2,500円 当日 3,000円
    ご予約・お問合せ / graf(mail. event@graf-d3.com tel. 06-6459-2100)




    次の日記では、この「おでん」に向けての、

    色んな場所に喰いに行っての「巡礼日記」にしよ。


    では今年も、ゆるりっとよろしくです・・・。
     

    天王山ファーム&フードマーケット。

    0
      11月25日 山崎久々の雨。 畑には最高のドリンク。



      まずは、11月22日、梅田NOONでの「BIRDWTCHING09」に来てくれた


      たくさんの方々、本当にご来場ありがとうございました!!


      最終酔っぱらったので、記憶が曖昧なのですが、ええパーティーでした。


      人数が多く、音の厚いバンドから、最小の編成で、音の繊細さを見せるバンド。


      最高のリリックで攻めるRAPから、泣きのラヴァーズで揺れる人。


      たのしゅうございました。










      現状に納得せずに、内輪に収まらずに、


      まだまだこれからも、僕らがええな!っと思える人達と、


      「BIRDWATCHING」やっていきます。もっともっと皆に紹介したい。


      もっともっと広げていかないと。まだまだバンド、音楽が好きな人は居てます。


      そこに、今日は行っておかなっと思えるパーティーにしていかないと。


      なんか、凄く楽しい夜だと、余計に考えるんすよね。




      次はいよいよ10回目か・・・・。




      んで、畑のほうは、冬野菜も順調で、適度に雨も降っていい感じです。







      色々と肥料を変えたり、去年の失敗が馴染んで、


      今年の畑に好条件に転がったり(詳しくは文章に難しい)、


      去年と比べると、凄くいい感じです。







      こういった野菜、皆さんに喰っていただこう。


      ってことでめっさいい季節の山崎での素敵イベントがこれ。







      11月29日。駅横の広場での開催です。



      ラインナップもなかなかマニアックでオススメのマルシェです。


      ぜひ大人の遠足気分で、美術館や、ウイスキー工場行ったりの流れに、


      何気に組み込んでくださいませ。待っております。



      これが終わったら、竹藪での仕事が佳境を迎えます。


      パワーショベル上手く使えるかな・・・・・。








      ではでは。

       

      プロレスが好きなんです。

      0
        11月7日、山崎快晴 秋冬野菜の種まきも佳境。



        FBなどで告知してるので、

        友人からするとまたかい!って言われそうですが、

        11月22日、梅田NOON+CAFEにて、pug27presentsのパーティーを、

        こんな感じで行います。








        出演者の説明より今回、ブログに書こうと思ったのは、

        いつもどういう理由でブッキングするのかってこと。



        今回出演してくれる「YOSSY LITTLE NOISE WEAVER」のヨッシー、

        イッチーは、かつて2人が在籍してた伝説の大阪SKAバンド、

        「DETERMINATIONS」で、僕らと対バンしたりの音楽繋がり。

        僕は何度となくライブを見ては騒ぎ、はしゃがせてもらいました。



        元々僕はSKAが好きで、20年以上前は様々なCLUBで、

        SKAやROCKSTEADYのパーティーが行われてました。

        僕はよく友人達と朝まで踊り、そのまま仕事に向かう日々。

        確かその遊んでる店でDJが、DETERMINATIONSの1st、

        「Worksongska」をプレイし、初めて聞く音に興奮したのは、

        今でも鮮明に覚えています。






        んでその時代、DJとして活躍してた一人が今回参加してくれる、

        YODAさんなんです。YODAさんはその後、DETERMINATINOSの、

        ライブ前のDJなどやってて、DJで盛り上がったいいタイミングで、

        ライブがスタートってのが、パーティーの流れでした。




        確か初期のEGO-WRAPPINの時とかもやってたかな。

        その頃からYODAさんは、色んなジャンルをかけてました。



        今回の「BIRDWATCHING」での個人的楽しみは、

        そのDETERMINATIONSに在籍してたイッチーとヨッシー。

        その前にDJをするのがYODAさんという、

        かつての「往年の流れ」を実現させること。



        そして僕らのライブ前には、その20年前に一緒に遊んでた、

        TUCCHIEがDJをするという流れ。



        今回のブッキングにはこのように、様々なサイドストーリーがあって、

        あ〜だこ〜だの遊びと偶然が重なってのブッキングです。



        色んなことの裏側とか、バックボーンとか、このようないわゆる、

        サイドストーリーが僕は好きなんですが、その好きになったきっかけは

        間違いなく子供の頃に見てた「プロレス」だと思ってます。




        一試合の結果でなく、この人とこの人は因縁があって、

        どこの団体から脱退してここに来て、師匠は誰で、こんな扱いで、

        ・・・とか色んなストーリーが毎週テレビや雑誌で展開され、

        そして試合を観戦する。ファンの思い入れが交錯する、

        独特の「熱」が充満する世界は、もう勝敗関係なし。

        そしてまた新たなストーリーを僕らは想像する。





        音楽も、この人のこのカバーは誰?って調べ、オリジナルを知る。

        そのオリジナル曲から、その時代のこととか触れて、

        また違う世界を想像する。っというか妄想か。



        この点と点がちょっと繋がって短い線になり、

        またその点を繋げていくことが、年々楽しくなってます。



        他に出てくれる人達も、そういうストーリーは各々あって、

        なんぼでも話せるんですがこの辺で。この日のpug27は、

        いつもとは違うライブになると思います。

        (様々な試みしますしね)

        ぜひ最後のセッションまで、楽しんでくれたら嬉しいです。





        ぜひ乾杯しましょう。





        あっ、最初に出るのは「THE YAKETY YAKS」。

        僕参加のSKAのバンドです。ぜひ早い時間から待ってます。




        ・・・・長くなってもた。







         

        福井旅日記深夜

        0
          9月29日 山崎超快晴。汗も乾くほどの避暑地的気候。



          前回から日は経ちました。その後服部緑地でのライブもありました。


          が、


          まずはこの福井の旅の総括を・・・・。




          素晴らしい居酒屋「泰平」から一旦ホテルへ行き、



          ヘパリーゼを補充して再び。




          まず訪れたのが、「BENNYS BAR」







          Bar自体は40年を超えるらしく、前はJazzBarやったらしいです。


          少し大きめの店内ですが、しっかりしたbarで、お店の人と談笑。



          隣のお客さんが、上司と部下って感じやったのが、


          話しを聞くと、完全に不倫。しかもモメてました。


          その話を肴に、ジントニック呑む。




          福井、片町という街。そのピンポイントにして気づくのは、


          不思議なBarの多さ。至るとこにbarです。


          風俗、キャバクラでなくbar。




          恐らく、barの解釈が広くて、


          スナック寄りでも「Bar」っていうのかと思いますが、


          なんか素敵な街です。県人口とは比例しないと思います。




          「BENNYS」を出て、さらにウロウロしてたら、何やら地下から聞き覚えある音。




          「うわ、ティンパンアレーやん。」




          大きな音で、細野氏の歌声が聞ける店なんか、まぁ間違いないってことで、


          階段をゆっくり降りて入った店が、



          「PROPELLER」








          Barというより、小さいCLUBです。しっかりDJブースもあるし、


          踊れるスペースもあります。


          話を聞くと、ジャズマッシブの沖野さんも来てるらしい。



          そこでは、関西の風営法後のクラブのことなどを話す。


          お店は凄くいい広さで、50人くればいい雰囲気ってな感じ。


          いい音聞ける店です。



          もうちょい居たかったのですが、さらに・・・。




          さらに2件ほど行ったのですが、写真にするまでもなく不発。




          どうしようか、泥酔までのリミットはまだあるなっと思い、ウロウロ。



          んで見つけたのがここ。



          「LOTUS」







          表しか写真は無いですが、ここは救われました。


          接客スマートなマスターが作る、ギムレットがかなり凄く旨くて、


          「あ〜〜ここで終わろう」っと決めて、サイドカーなんぞグビ。



          記憶もとぎれとぎれですが、独りのお客さんも多くて、ピシっとしつつも、


          居心地いいbarでした。




          全裸で就寝・・・・・。




          次の日。




          地方に行けば必ず行くのが「喫茶店」。


          出来るだけ「純喫茶」を探すのですが、ストライクやったのが、



          「巴奈麻」






          おばあさんが一人でやってるお店で、話を聞くと45年は超える店らしい。



          そこで久々「レモンスカッシュ」を注文しましたが、考えたら、


          こんな美味しいレモンスカッシュって、呑んだことあるかなって思えるくらい、


          なかなか感慨深い旨さでした。



          オーダーを聞いてから、ひたすらおばあさんがレモンを搾る。




          さらに絞る。




          また絞る。




          その量が価格と比例しない感じ。


          非常に果汁感充満なレモンスカッシュ!


          頬が心地よく痛い味。



          呑み過ぎた内臓をリセットされたおかげで、最後のミッション。



          福井といえば、「ソースカツ丼」



          んで最後に行った「ヨーロッパ軒」











          見た目のインパクトに、これは無理っと思ったのですが、


          意外と食べると、スイスイ喰える。たぶんこれはソースの旨さです。



          甘めのソースに、しっかり吸収されたカツは、凄くご飯に合う!


          正直、カツ丼の体でないのに、気づけば完食。



          ゲップっ。



          ここ最近、ちょいちょい地方に行かせてもらいますが、


          何処でもカウンター越しに話しするのは、やはり面白いです。



          友人に、「酒好きっすね。」って言われるんですが、僕は酒は弱いです。


          好きなのは、お店でのコミニケーションです多分。


          話すことで、福井のこと、片町のこと、景気、色々。


          他愛無い話に、酒も進み、結局は記憶を無くすっと。




          今回もそんな旅でした。



          また来たい片町。




          ・・・越前そば喰ってないって思ったら、この写真。







          泥酔で、うっす〜〜い記憶を辿ったら、ここで喰ってました。

          キノコ蕎麦を・・・・・。




          今回、色々情報くれた「ドン・マキーノ」氏。


          あざっす。








           

          福井旅日記。

          0
            9月1日 山崎は雨 畑作りが遅れ、苗は育ち、ちょい焦る。



            先日、所用で福井県に一泊二日の旅でして。っとはいうものの、

            所用ってのは数時間で終わり、いつものように福井の街を、

            「巡回」してまいりました。そんときの日記。



            やはり場所柄、絶対魚は美味しいなっと。んで魚が美味しいとこって、

            いい居酒屋があるってのは、間違いない法則。

            俗にいう、ネットの情報でなく、リアルな情報でパトロールするのが、

            やはり醍醐味なので、昼から福井駅をスタート・・・・。



            駅周辺の細い路地を歩きながら、まずはCAFE。

            「CoCotte」



            見た目以上に店内は、窓も大きく明るくて、気持ちよろし。

            皆がランチしてるとこで、「お茶だけですがいいっすか?」っといい、



            結局当然






            こうなって、お店の方と談笑。

            お店の方もSAXを吹くってことで、そういう話。

            店内のBGMもええ感じでした。ザッハトルテもライブに来たと。



            んでここで美味しい魚の店情報を頂き、次の地点へ。



            ここでは、「食」に詳しい友人、「ドン・マキーノ」氏情報のお店へ。


            餃子「鶴来餃子」






            んでこんなん。






            皮が厚めで、結構モチモチ感あり。んで中がジュワ〜。

            かなりビールに合う一品。んで地元に愛されてるのか、

            凄くテイクアウトが多かった。10人前当たり前みたいな。

            当然めっさ旨かったっす。



            一旦ホテルに戻り、軽く休憩して夜の街へ。



            昼のcafeで教えてもらった、魚が旨いお店。


            「泰平」





            ここは旅のピークといいますか、極上の店でした。


            内装、仲居さんの着物姿、料理人のライブ感、店内の高揚感、コスパ。





            このカウンターで呑んでるだけで、めっさテンションあがる。


            左が鮮魚、右が他の料理盛り付け、センターが炭焼き場、左奥が出汁。


            そこが縦横無尽に動くライブ。かっこいいの一言。






            刺身は当然旨かったのですが、写真にないですが、


            「茶枝豆の炭焼き」がまた絶品。


            ビール、にごり酒、刺身、茶豆、などクイっと。


            なんとなく、京都の名居酒屋「赤垣屋」みたいな雰囲気。



            この地点で、この度は成功やなっと実感しました。



            まずはここまで。



            ここからパトロールは深くなります・・・・。


             

            無限大記念日2!!!

            0
              超久々の更新です。


              今年の夏は、本当に雨に振り回される日々。


              ここ最近は、本当に近い人が居なくなり、昔からの友人も居なくなり、

              色々胸ざわつく日々を送ったのですが、20代に全力で遊んでたバンド、

              TRYTONESで久々にライブしたり、色んな場所で色んな出会いあり、

              非常に楽しい!切ない!おもろい!腹立つ!っと、充実した日々です。



              そしてまだまだ暑いのですが、畑は冬野菜の準備。

              栽培方法、打ち出し方、色々思うことありですが、

              それはまた今度・・・・・。




              だって、久々の更新なのに告知だ・か・ら。





              自分もバンドをしてるので、色んなライブハウスでライブを見ます。

              そんなとき、当然メジャーでない、たまたま見たライブにとんでもない感動が、

              偶然に飛び込んでくるときがあります。



              風貌はまさに「とんでもない」のですが、歌は本当に良くて、

              笑いながら、見事に泣かされるんですよね。



              でも悲しいかな、この「感動」を知らない人のほうが多いんです。

              そういう人にぜひ来てほしいのです。


              幾度となく対バン、対戦、呑み、絡み、泣きモロモロ。

              僕も溺愛する関西のバンド、「ザ・たこさん」の全力企画。





              です。


              メンツは相当オモロいけど、めさめさ渋い。

              なんせヘッドライナーは「ミス花子」やん。



              んで注目は「料金」です。

              実質子供は無料ですよ!っというか大学生辺りまでフォローです!

              なんか、色々オススメできることもあるでしょうが、

              僕が言えることは、「ホンマに来て!後悔はしない!!」です。


              出演者に遊びは無いので、個人的に凄い楽しみだし、最初から呑み。

              出店のお店も、クオリティは凄いので、絶対楽しいですよ〜。


              ぜひ服部緑地で乾杯しましょう〜〜〜!!!



              「たこさんの無限大記念日2」
               
              日程:2014年9月6日(土)
              場所:服部緑地野外音楽堂
              OPEN 10:00
              START 10:30
              前売り特別価格:3100円(300枚限定CD付き)...
              当日価格:5000円
              ※21歳未満(ザ・たこさんより年下)入場無料(要生年月日がわかる物)

              出演:
              ミス花子
              オーサカ=モノレール
              BLACK BOTTOM BRASS BAND
              バンバンバザール
              中川敬(ソウルフラワーユニオン)
              浦朋恵
              pug27
              金佑龍
              ザ・たこさん

              出店:
              食笑/ばかや。/バンコ/チュカテ/おでんまる/ニコ/グラフ

              チケットぴあ
              http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1426553
              Pコード:235-407

              ローソンチケット
              http://l-tike.com/pc/d1/AA01G04F1.do?txtEvtCd=51637&txtPerfDay=20140906&txtPerfSeq=+&venueCd=51106&srcID=AA02G08
              Lコード:51637

              e+
              http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002129387P0050001P006001P0030001

              ザ・たこさん→http://www.the-takosan.com/
              無限大記念日2→http://www.mugendai-kinenbi.com/




               
              待ってます〜〜〜。





               

              天王山ファーム&フードマーケット!

              0



                4月22日 山崎 曇り 筍掘りも終盤かな。



                地元山崎〜長岡京の乙訓地区は現在、名産の筍が旬でして、


                色んな農家さんが、早朝からトラックに筍を積んで走ってて、


                なんか町全体がテンションが少し高め。いい季節です。



                そんなシーズンに開催される、素敵なマルシェも第9回。


                いつも「十日市」が開催されてる山崎駅前の広場にて、


                いつもの雑貨中心の手作り市から、「食」に特化した一日です。


                ラインナップ含め、かなりオススメの一日なので、


                ぜひ遠足気分で遊びに来てください。




                「天王山ファーム&フードマーケット」



                日時:4月29日(火祝)11時〜15時 小雨決行 荒天中止


                会場:JR山崎駅南側広場

                  
                改札出て右すぐ。デイリーヤマザキの隣です。レリッシュから徒歩1分。

                   阪急大山崎駅からも3分くらいです。

                  
                JR線路沿い(京都寄り)、阪急大山崎駅近く西国街道沿いに

                   コインPがありますが、休日は混雑します。      


                お問い合わせ:山崎地産文化交流プロジェクト(Relish内)  

                       075-953-1292
                 
                info@relish-style.com


                出店情報(3.1現在) 

                 

                ense(大山崎の野菜 筍)

                かねじん(長岡京の野菜)

                Deliceキョウト(京都大枝の無添加柿ドレッシング 筍)

                茶工房二の楽
                (愛媛産の有機べにふうき紅茶&緑茶)

                うね乃(おだし かつお節)

                七穀ベーカリー(豆乳ドーナツ)

                なかがわ養蜂場(滋賀のはちみつ)


                ぱんだよりノドカ(パン)

                ジヤマプリン(カレー・タコライス・プリン・ケーキ)

                マツバラキムチ(無添加キムチ)


                山田製油(ごま製品)

                萬さんおかき(おかき)new!

                Carte Blanche(焼菓子)


                Cuisson712(焼菓子)

                DONUTS DEPT(豆乳とおからのドーナツ)

                eenie(焼菓子 生菓子)

                NEXT STYLE(生パスタ パスタソース)

                PEACE cafe(ホットドッグ)

                Plants Plants(ハーブ・果樹の苗 ガーデングッズ)

                CINQ(パン)new!


                Tre cipressi(オリーブオイル&バルサミコ酢)

                Unir(コーヒー系ドリンク かりんとう  ←4.15変更しました)

                Relish(地元野菜のお惣菜)



                この日は「筍水煮」中心に、春を意識したラインナップで。




                ここに住んで思うのが、まだまだ知らない人が多い、


                本当に美味しい「筍」。


                ぜひ黒い「竹」しか食べたこと無い人に体験してほしいです。


                待ってます〜〜。

                THE YAKETY YAKSと米粉らーめん。

                0
                  3月24日 山崎快晴 汗の季節です。


                  前回の日記の続き。


                  友人のツッチーのDJから、僕らライブスタート。



                  NIKI-T君の写真引用

                  基本、出来たばっかのバンドなので、毎回ライブすれば反省すること多く、

                  それを少しでも次のライブで解消し、課題を消化する感じなんで、

                  毎回、現時点でのいいライブが出来てます。あん時より今、んで次回。

                  伸びシロがまだまだあるんで、毎回楽しんです。

                  そういう意味では、姫路でのライブは結構良かったと思う。

                  現時点ですよ・・・・。



                  個人的にはpug27と吹き方を変えたり、マウスピース変えたり、

                  試行錯誤ですが、前に進んでる感じがいいとも思ってます。

                  違う扉が開いてきてるの実感してます。



                  無事ライブも終わり、酒も深くなり、なんとかホテルへ。

                  んで爆睡・・・・。



                  次の日。



                  今回の旅で、どうしても行きたかったお店が「ぜん」






                  俗にいう、米粉の麺、フォーですかね。










                  凄くあっさりしてて、でもパンチもある、めっさ旨かった!!!

                  最初のサラダが美味しくて、色々聞くと、野菜は地元の農家さんから、

                  直に買ってると言ってました。

                  そして、自身も食材を知るにあたり、農家に修行もしたって。


                  いつものように、お店のマスターとも楽しく談笑し、

                  色んな食材の話も出来て、いい時間頂きました。


                  お土産の播州ハムと、お菓子など買って、新快速で家。

                  姫路から乗ると、気兼ねなくビール呑める。

                  日差しを浴びての電車呑み。最高でした。





                  次は4月6日、心斎橋STOMPでライブです。

                  初ライブもストンプでしたが、あの頃より数段階段登ってるので、

                  ぜひ遊びに来てくださいませ〜〜。


                  ではでは。



                  また来たいな〜姫路。

                  姫路 de THE YAKETY YAKS

                  0
                    3月17日 山崎 快晴のち月綺麗 じゃがいも植え始まる。


                    3月15日、姫路fab−spaceにて、

                    THE YAKETY YAKSのライブでした。


                    姫路の友人、星野君が呼んでくれたのですが、

                    今回のゲストDJには、京都のツッチーと、倉敷のスエナガ氏。

                    このご両人は20年来の友人。


                    20年以上前ですが、

                    当時80後半〜90年代は空前のSKAブームで、

                    大阪の至るCLUBでSKAのパーティーが行われ、

                    「ここでSKA流れるで!」っとなれば、

                    とにかく行っては騒ぐっていう週末でした。


                     
                    サンホール、パラノイヤ、CLIMAX、Blow、ピエロ、ナーズ・・・・。


                    当時の大阪には至るとこに小さいCLUBがあって、

                    そこでいつも一緒に騒いでたのが、

                    ツッチーとスエナガ(当時はスエキチと言ってました)。

                    当時の刺激ある日々は、

                    本当に今の財産で、現在のバンド活動、農業のスタンス、

                    夜のパトロールに全部繋がってます。


                    そんな友人達が時を経て、

                    各々の土地でシーンを作って、ここ姫路で、

                    SKAというキーワードで、見事に集まりました。

                    本当に意義深い一日でした。


                    場所は姫路らしく、見事な歓楽街。









                    リハ前にメンバーの種氏と合流して、

                    ちょいとパトロール。


                    完全に鼻がピクっとした、このお店にイン。






                    お店は民家か?っと思わせる、

                    アットホーム感バツグン。





                    ここでオーセンティック姫路おでん頂く!!!





                    僕が福島で食べた姫路おでんは、生姜醤油が別に出ました。

                    ここは、出汁が生姜醤油。味がしゅんでかなり旨し。


                    ここでいい助走が出来たんで、もう一軒。


                    完全にジャケ買いというか、タイトルで。






                    店内はスナックを改装した感じ。





                    ここはBGMが凄くツボで、もろ昭和。

                    山下久美子「バスルームから愛をこめて」から石川さゆりへ。

                    最後はお店のママが、「今のお気に入りなの・・・。」って言った、

                    「さざんかの宿」。まぁ、色々あるんやろなっと思いながら会計。


                    んで現場で音だしして、ギターひでお君と合流し、メンバーでひと呑み。









                    この時点でだいぶ仕上がってますが、いいテンションで現場へ。





                    ツッチーが踊りながらDJする姿は、かの梅田ラブリッシュを思い出す。





                    とりあえず、ライブ前までの話し。


                    この後もちゃんと書きますよ〜〜。


                    ではでは。

                     

                    ムジカジャポニカ結果報告。

                    0
                      2月14日 山崎大雪 完全にOFF 外出しようがなし。


                      遅れましたが、2月9日、扇町ムジカジャポニカにて、

                      「元祖おでぶまつり」出演いたしました。






                      俗にいう「肉の日」に、おでぶに光をあてる一夜。

                      当然おでぶはチャージフリー。出演者もおでぶが在籍。

                      完全なコンセプトがある素晴らしきパーティー。




                      入り口はこんなん。


                      共演した、ゴールデンローファーズも、

                      ザ・たこさんも、昔から知るバンド仲間。そして尊敬するバンド。

                      個人的にも興奮するラインナップ。



                      ムジカジャポニカは、決して大きなハコではないのですが、

                      いわゆるハコに、しっかりお客さんが付いてて、

                      ちゃんとゴハンも美味しくて、お酒も呑めるという、

                      大阪では貴重な、純粋なライブハウス。

                      京都でいう、拾得的な感じ。

                      イベントスペースでない、音楽好きが集う場所。



                      なので正直、

                      どれだけ人が来るか全く想像できなかったのですが、

                      予想以上に思いっきり大盛況。

                      んで大盛り上がりでした。



                      最初に出た、ゴールデンローファーズは、

                      荒々しくもあるけど、泣けてくるライブ。






                      全力で熱唱しながらも、ユーモアもあって。

                      次に出る僕ら、完全に背中押されました。




                      僕らpug27は、ムジカ出演は2回目。

                      大好きなハコではあるのですが、俗にいうアウェー。

                      でもやってみて、ホンマに気持ち良かった〜。

                      広くないステージに、中年男子8人・・・・。

                      写真ないけど想像できます。絶対むさ苦しい。



                      んでザ・たこさん。






                      このムジカに相応しい、素晴らしいライブでした。

                      いつも登場、いつのも立ち振る舞い、いつもの小ネタ。

                      何度も見てるのに、やっぱりすごかった。






                      アンコールでは、僕のリクエストに堪えてくれ、

                      これまた感動の涙・・・・・。






                      イベントに出演させてもらったり、自分でやったりする夜に、

                      たまにバンド、お客さん、雰囲気、バイブレーション、

                      完全に一つになって、「奇跡の夜」になることがあります。

                      この日はまさにそれ。全てが最高でした。



                      普段生活してると、色んな不条理でイラついたり、怒ったり、

                      悲しくなったりするのですが、こんな夜を体験出来るなら、

                      人生捨てたもんじゃないって、大袈裟ですが思えるんです。

                      音楽が好きで良かったというか、やっぱりライブはいいっすよ。

                      これは「現場」でないと判らない。




                      皆さん、ぜひ「現場」へ。



                      ではでは。




                       

                      << | 3/19PAGES | >>