profile

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

プロレスが好きなんです。

0
    11月7日、山崎快晴 秋冬野菜の種まきも佳境。



    FBなどで告知してるので、

    友人からするとまたかい!って言われそうですが、

    11月22日、梅田NOON+CAFEにて、pug27presentsのパーティーを、

    こんな感じで行います。








    出演者の説明より今回、ブログに書こうと思ったのは、

    いつもどういう理由でブッキングするのかってこと。



    今回出演してくれる「YOSSY LITTLE NOISE WEAVER」のヨッシー、

    イッチーは、かつて2人が在籍してた伝説の大阪SKAバンド、

    「DETERMINATIONS」で、僕らと対バンしたりの音楽繋がり。

    僕は何度となくライブを見ては騒ぎ、はしゃがせてもらいました。



    元々僕はSKAが好きで、20年以上前は様々なCLUBで、

    SKAやROCKSTEADYのパーティーが行われてました。

    僕はよく友人達と朝まで踊り、そのまま仕事に向かう日々。

    確かその遊んでる店でDJが、DETERMINATIONSの1st、

    「Worksongska」をプレイし、初めて聞く音に興奮したのは、

    今でも鮮明に覚えています。






    んでその時代、DJとして活躍してた一人が今回参加してくれる、

    YODAさんなんです。YODAさんはその後、DETERMINATINOSの、

    ライブ前のDJなどやってて、DJで盛り上がったいいタイミングで、

    ライブがスタートってのが、パーティーの流れでした。




    確か初期のEGO-WRAPPINの時とかもやってたかな。

    その頃からYODAさんは、色んなジャンルをかけてました。



    今回の「BIRDWATCHING」での個人的楽しみは、

    そのDETERMINATIONSに在籍してたイッチーとヨッシー。

    その前にDJをするのがYODAさんという、

    かつての「往年の流れ」を実現させること。



    そして僕らのライブ前には、その20年前に一緒に遊んでた、

    TUCCHIEがDJをするという流れ。



    今回のブッキングにはこのように、様々なサイドストーリーがあって、

    あ〜だこ〜だの遊びと偶然が重なってのブッキングです。



    色んなことの裏側とか、バックボーンとか、このようないわゆる、

    サイドストーリーが僕は好きなんですが、その好きになったきっかけは

    間違いなく子供の頃に見てた「プロレス」だと思ってます。




    一試合の結果でなく、この人とこの人は因縁があって、

    どこの団体から脱退してここに来て、師匠は誰で、こんな扱いで、

    ・・・とか色んなストーリーが毎週テレビや雑誌で展開され、

    そして試合を観戦する。ファンの思い入れが交錯する、

    独特の「熱」が充満する世界は、もう勝敗関係なし。

    そしてまた新たなストーリーを僕らは想像する。





    音楽も、この人のこのカバーは誰?って調べ、オリジナルを知る。

    そのオリジナル曲から、その時代のこととか触れて、

    また違う世界を想像する。っというか妄想か。



    この点と点がちょっと繋がって短い線になり、

    またその点を繋げていくことが、年々楽しくなってます。



    他に出てくれる人達も、そういうストーリーは各々あって、

    なんぼでも話せるんですがこの辺で。この日のpug27は、

    いつもとは違うライブになると思います。

    (様々な試みしますしね)

    ぜひ最後のセッションまで、楽しんでくれたら嬉しいです。





    ぜひ乾杯しましょう。





    あっ、最初に出るのは「THE YAKETY YAKS」。

    僕参加のSKAのバンドです。ぜひ早い時間から待ってます。




    ・・・・長くなってもた。







     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック