profile

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

福井旅日記。

0
    9月1日 山崎は雨 畑作りが遅れ、苗は育ち、ちょい焦る。



    先日、所用で福井県に一泊二日の旅でして。っとはいうものの、

    所用ってのは数時間で終わり、いつものように福井の街を、

    「巡回」してまいりました。そんときの日記。



    やはり場所柄、絶対魚は美味しいなっと。んで魚が美味しいとこって、

    いい居酒屋があるってのは、間違いない法則。

    俗にいう、ネットの情報でなく、リアルな情報でパトロールするのが、

    やはり醍醐味なので、昼から福井駅をスタート・・・・。



    駅周辺の細い路地を歩きながら、まずはCAFE。

    「CoCotte」



    見た目以上に店内は、窓も大きく明るくて、気持ちよろし。

    皆がランチしてるとこで、「お茶だけですがいいっすか?」っといい、



    結局当然






    こうなって、お店の方と談笑。

    お店の方もSAXを吹くってことで、そういう話。

    店内のBGMもええ感じでした。ザッハトルテもライブに来たと。



    んでここで美味しい魚の店情報を頂き、次の地点へ。



    ここでは、「食」に詳しい友人、「ドン・マキーノ」氏情報のお店へ。


    餃子「鶴来餃子」






    んでこんなん。






    皮が厚めで、結構モチモチ感あり。んで中がジュワ〜。

    かなりビールに合う一品。んで地元に愛されてるのか、

    凄くテイクアウトが多かった。10人前当たり前みたいな。

    当然めっさ旨かったっす。



    一旦ホテルに戻り、軽く休憩して夜の街へ。



    昼のcafeで教えてもらった、魚が旨いお店。


    「泰平」





    ここは旅のピークといいますか、極上の店でした。


    内装、仲居さんの着物姿、料理人のライブ感、店内の高揚感、コスパ。





    このカウンターで呑んでるだけで、めっさテンションあがる。


    左が鮮魚、右が他の料理盛り付け、センターが炭焼き場、左奥が出汁。


    そこが縦横無尽に動くライブ。かっこいいの一言。






    刺身は当然旨かったのですが、写真にないですが、


    「茶枝豆の炭焼き」がまた絶品。


    ビール、にごり酒、刺身、茶豆、などクイっと。


    なんとなく、京都の名居酒屋「赤垣屋」みたいな雰囲気。



    この地点で、この度は成功やなっと実感しました。



    まずはここまで。



    ここからパトロールは深くなります・・・・。


     

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2014/09/01 7:53 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック