profile

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

受け入れますけどね。

0
    よく人に、

    「自然相手の仕事って大変でしょ」

    って言われます。


    毎回そんときに、

    「ま、それは快く受け入れますよ。
    だってそういう仕事なんで。」


    って、笑顔で答えますけど。


    またですか。次は24号。


    さすがにしんどい。

    稲が倒れませんように……。


    でも受け入れますよ!


    でも祈ります……。


    写真は前回の台風で倒れた巨木。

    茄子畑下敷き。

    台風クラブのステッカー。

    よく聴いてます。







    日々の暮らし。

    0




      3月20日。山崎は雨。


      しかも激寒い。



      久々の更新なのですが。



      何か劇的に動いたときに、


      ババンっと書こうと思ったのですが、


      日々の暮らしは、畑を耕し、



      畝を作り、苗を植える4月を待つ。


      っというのがいつもの暮らし。



      なので書くテーマもないな〜なんて、



      ちょいと思ったりもしましたが、


      考えたらそんな普通の暮らしが、


      一番の幸せなんやと、ここ最近思ってます。




      農業での生活が始まり24年。


      仕事も徐々に、此方が仕切る側に。


      今日は春に何を育てるか、


      カタログ見ながらシュミレーション。


      ではまた。













      夏本番!!

      0

        久々の更新です。


        畑のほうは、夏野菜本番で、

        茄子、きゅうり、ミニトマト、

        トマト、オクラなど、日々毎日の収穫終われていまふ。












        そして今年は、出来るだけ畑の研修や、勉強会なども顔出して、
        前向きに勉強なんぞしてます。



        そしてイベントにも出ていきます!


        久々の大阪!






        8月5日、堀江のCarre hair
        にて野菜販売いたします。


        野菜もですが、大豆から作ってる味噌、

        嫁担当のジャムもオススメ。


        是非会いに来てください。




        まってます〜〜


        寒い寒い。

        0



          今年の山崎ですが、とにかく春が寒い。


          乙訓の筍は、結構桜とリンクするかたちなんで、


          桜が気温のせいで遅い今年、見事に筍も遅れてます。


          やっと昨日から動いてるかな。



          おかげで茄子畑の仕上げに集中出来たのは良かった。





          娘も手伝ってくれ、一気にビニールまで。


          その後、








          ばっちり茄子、トマト、ミニトマト、キュウリ、万願寺、伏見の苗を、

          2日で出来た。筍が遅れてるので、こっちに朝から集中出来たしね。

           


          自然相手の仕事なんで、全てを受け入れる覚悟みたいなんが、農業にはかなり重要っすね。


          ま〜〜暖かくなれば、筍もくるでしょ。


          っというか、来てください筍!!



           

           

          待ってます〜〜〜。


          春訪れる。

          0

            3月29日、山崎快晴。


            畑の様子は、春に植える苗や、

            種の準備に慌ただしいです。


            茄子の畑の準備に汗をかいて、





            頂いた畑の土から再度畑を作ったり、





            してます。


            んで冬の野菜から、花も咲いてきたのですが、


            農家の楽しみは、色んな花が喰えるということ。


            菜花は定番ですが、



             

             

            今日食べた、大根の花は旨かった!

             

            かなり大根の味!しかも辛味ないやつ!




            んでふきのとう。






            開いてるので、味は苦いと思ってたのがバカでした。


            花がかなり甘いんですよね。苦味が当たり前の野菜なんで、

             

            甘いってのはどうかと思いますが、かなり美味しいです。
             

             


            畑はもう春に向かってます〜。


            茄子の畑作り。

            0



              茄子の畑作りに没頭する一日。

              あと半面耕します。


              毎年、土がゴロゴロで苗が植え難いとか、

              しっかり堆肥が土と混ざってるかとか、

              日々感じる細かい改善点を、

              トラクターの爪の回転数や、

              トラクターのスピードも考えながら、

              確実に耕して耕して。



              今日の山崎は暖かいね。

              ドライブ日和だわ。

               


              春の準備。

              0



                2月15日。

                せっかく携帯からアップ出来るので、
                まめに作業日誌を。


                まだまだ山崎は寒いですが、
                茄子の植え付けに向けての畑作り。


                堆肥、エコマグ、ようりんを畑に。
                その後は鶏糞もやろかな。


                畑は冬野菜が無くなりつつで、
                ゆっくりと端境期に向かいますが、
                農家とすれば、どんどん忙しく追われます。


                季節は進んで来てます。


                暖かくなれば、ライブも増えるな〜。
                その告知もまた。

                 

                 

                春といえばの曲。

                 

                 

                 


                美味しいもんと安全とされるもん。

                0
                  12月13日 山崎時雨。かなり寒い・・・・。

                  久々の更新です。
                  写真のアップがうまくいかず、でも書き留めたいことが。


                  先日、京都で呑んでた時に偶然、
                  若い農家さんと話す機会がありました。
                  その方は俗にいう、

                  「無農薬で野菜を作ってる人」です。

                  その方は、僕のことを知ってるようで、色々と質問されました。
                  栽培方法とか、販売方法とか、発信方法とか、ほんま色々と・・・・。

                  んで、やはりそこで出てくるのが、

                  「なぜ、無農薬にしないのか?」です。

                  その方は、農薬=悪っという考えで(これは若い人に結構多い)、
                  そんな環境に悪いもん、そんな「悪い」野菜を、
                  皆さんにどうぞって食べさせるのってどうなんです?っと、
                  まぁ、酔ってるので、グイグイきました。

                  僕は、必要以上には散布しません。
                  しかし、散布したほうがいい場合は散布します。
                  っという考えを話し、その代わり散布した場合は、
                  ちゃんと説明はするし、自信持って販売します。

                  んで僕は彼に、
                  「農薬の知識はあって、悪だと言ってるんですかね?」っと聞くと、

                  「いや、そんなんいらないと思ってます。」っとのこと。


                  正直、そこで僕の中で「議論」は終わり。

                  昔から意識高く、「無農薬」「有機」で栽培してる、
                  素晴らしいベテランの農家さんは居てます。
                  そういう人は皆、農薬や肥料の知識も凄い。
                  その知識をもって「無農薬」に取り組む。
                  そういう人の野菜は、やっぱり美味しいです。

                  何を信じるかは自由ですが、
                  やはり何でも「表と裏」があると思うんです。

                  何故これがダメなのか?何故これがいいのか?
                  農薬=悪なら、その悪の根拠って何?
                  そこを勉強しないで、
                  頭ごなしにダメって言われても説得力ないと思うんです。
                  (その後彼は、モンサントとか、原発とか、日本ってのは・・・とか言ってましたが)

                  何となく、SNSとかのせいで、
                  情報が出るとすぐジャッジする人多い気がしてて。
                  その裏の情報を得ないまま、すぐシェアしたり、批判したり。

                  行ってもない店の評判で、
                  あの店は美味しくないって決めつけたり、
                  聞いてもないバンドを、
                  あのバンド大したことないって、
                  YOU TUBEだけで判断したり。

                  そのスピード感が、なんか良しとされてるのは、
                  凄く底が浅い気がするんです。


                  僕は「美味しい野菜」を目指す、「減農薬」の栽培です。


                  シンプルに、美味しい野菜を作るために、
                  色んな知識を色んな角度から、日々勉強していこうと、
                  その呑みから脱出した帰り、強く意識致しました。

                  考えるきっかけをくれた、

                  「若い無農薬野菜の栽培を目指す若者」。

                  ありがとうございました〜。

                   

                  食品偽装の話。

                  0





















                    10月25日 山崎 豪雨 天候凄く不安・・・・。


                    人間、嘘をつくってことは日々あります。

                    一生正直者で生活するってことは言いません。

                    しかし、この「ライン」だけは嘘はダメってものは、

                    大人ならあるはず。



                    「食べる」ことが好きな者とすれば、今回の「事件」は最悪です。

                    「安全」とかではなく、「信頼」の偽装。

                    食に関する仕事をしてる以上、あってはならんこと。



                    昨日配達でお店をまわって確認したことは・・・・。



                    「このことに関しては、お互い嘘つくのは絶対やめましょう。」



                    僕は真っ当に野菜を作る。自然農法でも、無農薬でもない。普通の野菜。

                    その野菜を、「旨いやん」っと賛同してくれて、僕自身がお店に持って行く。

                    んでお互い、食べ方や気候や感想やらを共有して、また畑に戻る。


                    そこのフラットな信頼関係を、より意識して繋がっていこうと、

                    確認しあった昨日。んでこの事件・・・・。


                    もう、「〇〇ホテルの総料理長を○年務めて・・・・」なんていう経歴は、

                    多分信用致しません・・・・・。

                     

                    季節は君だけを変える。

                    0
                       4月9日 山崎の深夜。少し寒い。


                      タイトルは思いつきです。


                      ここ最近、どこか呑んだときに書き込んでるせいで、

                      僕、毎日のように呑んだくれてるように地元の人から、

                      心配されまして・・・・。

                      遊んでばっかりと思われてるようなので、

                      純粋に近況ブログです。


                      私enseの主要仕事は、乙訓名産の「筍」と、夏の京都の気温にぴったりの、

                      水分たっぷりの「千両茄子」です。


                      寒い冬を超えて、4月に入って春仕事がバタバタしだしました。

                      茄子の畑作りは、2月から進めててほぼ完成。



                      この写真からさらに進み、ビニールトンネルまで出来たので、

                      あとは4月中旬に、苗を植えるのを待つのみです。

                      今年は800くらいかな。


                      そして筍は、4月から掘り出してて、進物用もスタートしました。


                      僕はここに住むまで、筍の存在を「軽く」みてた一人。

                      その辺に適当に出てるのを収穫する「竹の子」とみてたのですが、

                      自画自賛ですが、ほんまにこの「筍」は柔らかくて凄いんです。

                      ぜひ機会あれば、この地域の「筍の刺身」喰ってほしいです・・・。




                      んで最近嬉しかったのが、ずっと砂地で作物も育ちにくかった畑。

                      地道に堆肥、腐葉土を与えては耕して数年。んで今年やっとここまで。



                      なんか水分の感じもええので、こんなハードロックなニンジンを。




                      すっかりこんな日々で「春」スタートしてます。

                      野菜の花をポリポリっと畑で喰いながら、次の野菜の準備してて、

                      んで頭の中で、このBOOWYの曲が頭の中鳴ってました。




                      さぁ、明日は十日市の準備で、10日は十日市。

                      山崎駅前で僕は野菜を販売です。季節のサラダミックス、葉付き新たまねぎ、

                      んで当然の「筍」。水煮にしてスタンバイ。


                      待ってます・・・・・。

                      | 1/4PAGES | >>